Per Te
トップ > 企業情報【会社沿革】
企業情報
会社沿革
1999年
12月
株式会社ペルテ設立。金融機関向けシステムの知識と経験を生かし製品開発とマーケティングを開始。
2001年
1月
保険販売代理店向け顧客管理システム「Forza!」を自社開発し、旧日本ユニシス情報システム(株)(現ユニアデックス株式会社)と提携しASPサービス開始。
独立系のIT企業としては初めて国内外の生損保をまたいで契約を顧客毎に名寄せする仕組みを実現。
 
7月
(株)NTTデータが保険販売代理店向け顧客管理システムを採用し「WiseOffice」としてASPサービス開始。
2003年
2月
共済組合向け業務システム「M-Aid」を開発、販売開始。
多様な共済種目に対応し、保険者としての業務、法令等の知識を習得、保険会社向けシステム開発の礎を築く。
2004年
1月
収納管理システム「BILLION」を開発、販売開始。
個人、法人、団体向けの保険料請求・入金管理のシステムを開発。 口座振替、コンビニ払込伝票、クレジットカード、給与天引、ペイジー、スマートピット等の決済インタフェースの実績を作る。
2006年
5月
プライバシーマーク認定取得(認定番号 第A821251(01)号)
 
9月
保険会社向け基幹業務システム「InfoOne」を開発、販売開始。 金融機関に求められる堅牢さと効率性を兼ね備え、かつ、保険業務の基幹システムの初期投資を抑えて早期に事業立ち上げを図る生損保・多くの少額短期保険会社に採用される。
 
12月
保険会社向け保険代理店でのキャッシュレスによる保険申込システム「InfoOne代理店オプション」販売開始
代理店の現金保管による事務負担・事務ミスの不安を取り除き、低コストで効率的に代理店管理できる仕組みを提供。
2008年
4月
「InfoOne」を導入した新設の生保1社、新たに金融庁の監督下に置かれた少額短期保険会社11社が同時に営業開始。
2009年
3月
保険・共済の業務知識と豊富な導入経験をもとに、共著による「オフサイト・モニタリング」を保険毎日新聞社から発刊。
2009年
6月
保険会社向け携帯電話・スマホによる保険申込完結型「InfoOneモバイルオプション」販売開始。 最も複雑な自動車保険の申込が携帯電話で完結できるシステムを提供。
2009年
9月
「InfoOneモバイルオプション」が通販型損害保険会社で採用され本番稼働。
2011年
6月
大量の業務データを自由自在な切り口で検索・抽出ができる「T-Rex Doc」(ビジネス・インテリジェンス・ツール)を開発、販売開始。
2012年
8月
宮崎県宮崎市に国内技術拠点PCoE(フェニックス センター・オブ・エクセレンス)を設立。
最新技術や開発手法の研究、技術者の育成に注力し、将来にわたり高品質な製品とサービスを提供し続けられる基礎を構える。
同年10月に宮崎市との立地調印式を行う。
2013年
6月
フィリピン マニラ市で開発ラボを開設。
過去のオフショア開発の経験をもとに開発手法・管理手法を見直し、オフショア開発を成功に導く体制を強化。
2013年
7月
新保険代理店向システム「BILLION-II」を開発、販売開始。
保険代理店の全業務を1システムで統合管理し、事務処理だけでなく経営指標の把握、営業管理、行動管理など、より経営の視点に立った機能を充実させる。
2015年
11月
鹿児島県鹿児島市2ヵ所目の技術拠点KCoE(鹿児島 センター・オブ・エクセレンス)を設立し鹿児島での採用開始。
同月に鹿児島市との立地協定を結ぶ。

※WiseOfficeは株式会社NTTデータの登録商標です。
※InfoOne、M-Aid、BILLIONは、株式会社ペルテの登録商標です。